2020.09.04

台風対策について

台風第10号が近づいてまいりました。気象庁が連日会見している通り、今回の台風は特別警報級まで発達しており、宮崎でも大きな被害が起こる可能性がございます。

過去の台風では1993年(13号)、2005年(14号)に到来した台風が宮崎へ大きな被害を受けています。1993年の台風では宮崎市で最大瞬間風速57.9mを観測し、コロニアルの屋根材(洋風な家屋によくみられる一般的なもの)が剝れ隣家の外壁に刺さるような事象も発生、2005年の台風では宮崎市内においても広い範囲で浸水被害をもたらしました。

今回の台風に於いて被害が無い事を祈りつつ、必要以上に下記の様な対応をお取り頂くようお願い致します。

・雨戸を閉める(防風・防雨対策)

・排水溝、側溝の掃除(冠水防止)

・雨樋の掃除(水の溢れによる雨漏れ防止)

・屋外のもの(植木、物干竿、スリッパ、ゴミ箱等)を室内へ移動

・カーポート、倉庫の固定(紐で固定されたものに結び付ける等)

・ガラスの割れによる飛散防止(窓ガラスにテープを貼る、カーテン等も閉める)

・サッシの隙間に新聞紙等を詰める(雨水侵入対策)

・エアコンスリーブ穴(配管のある壁)の点検(雨水侵入対策)

・防災グッズ(水・食料・懐中電灯・携帯ラジオ・充電器等)

 

尚、様々な対策を行っても被害を受けてしまう場合がございます。その時の為に、加入されている火災保険の内容をご確認下さい。台風による被害は風災、水害の2つの分野での保険内容となり、大抵の火災保険に組み込まれております。ご自身の加入された火災保険でどんな内容が適用されるかを事前に把握されることも大切です。火災保険は名称で誤解されることが多いですが、ご自宅の問題において幅広い分野に対応できる保険ですので、台風だけでなく何か問題が発生した際には一度その内容をご覧になると良いと思います。

これから台風が多くなる時期ですが、皆様に被害が無い事をひたすらにお祈りしております。

 

Fudousan Plugin Ver.1.7.4